« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

懐かしいゲーム

Wiiではダウンロードして昔のゲームをプレイできる、ということを知っていたのですが…
今更PS3でも出来ることを、最近しりました。

私はかなり好きなものに対してはしつこくて(笑)
旬を逃したものでも、気になったものは追っかけるタイプ。
だから今年になってようやくアルバレアの乙女をプレイしたりとか、卒業Mをやったりとか、はじまりの森をやったりとか、していたわけですが…
ゲームって、システムとかレスポンスとかはやっぱり年とともに褪せますが、素敵なシナリオと内容は、褪せないものもありますね。ロードが遅い~!!とイライラすることはあっても、楽しいと待てる(笑)

こうやって昔のソフトを振り返って遊んだ中でも、お気に入りの一本に、サーカディアがあります。
これ、パッケージが地味でね…評判を知らなかったら、間違いなくスルーしちゃいそうな一本だったのですが。
やってみたら面白い!

世界設定はSFっぽく。
世界の謎解きをしていく中で、自分の出生の謎にも迫っていくストーリーなのですが、キャラクターが多彩で、選択によって敵味方が変わっていくところが、新鮮でした。あとはキャラクターとのEDもあるのですが、相手は男女ともにアリなので、その辺はお好みで。

私がこのゲームを好きになったのは、世界観とキャラクターなのですが、世界観の方に比重が高いかな。
単にキャラクターを追うだけなら恋愛ゲームでいいじゃない?と思うので…。
そうはいってもキャラクターもやっぱり重要ですけども。

特に好きなのは、
影守さん。17歳で医者。毒舌家、ってとこがポイント♪
要。明るくてバイトに精を出す学生。青髪で、しっぽがあるとこがツボだったかも。公式の紹介に、「彼には、時間もお金も惜しんではいけない」って書いてあるところがすっごい笑えました。
五十嵐さん。父の仕事仲間のカメラマンで兄貴っぽい存在。
御剣 晃。どこぞの某ゲームと名前漢字かぶってますが、こっちが先なんだよね。向こうの彼も大好きですが。こちらはあきらくんです。エリートっぽいとこが面白いなーと思ってたら、忘れられないキャラに。

公式サイトもまだちゃんとあるので、是非見て欲しいです。

そして今日から、PSのゲームアーカイブス(という名前なのですね?)にて、サーカディアがプレイできますよ!!
しかも600円て。安い!
よくみたら、俺屍もあるよ…?
…ってPSPもPS3ももってないんですけどね…ちょっと欲しくなってきました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »